いおぎみんなの学校

預かり&習い事
非認知能力を育てるアフタースクール
プログラム体験・見学 入会お申し込み、お問い合わせは 電話03-6765-1616
mail@minna-gakkou.jp
MENU

主宰 和の助の部屋

2021年6月6日

ウクレレの選び方

ウクレレ教室では、ご自宅でも練習できるようにご自身のウクレレの購入をお奨めしています。
よくあるご質問で、どんなウクレレを購入したらいいのか?と尋ねられることが多いので、ここに回答を載せます。
いちばん良いのは、楽器店に出向いて相談しながら試奏してお求めになることです。初心者だし試奏なんか、と気後れせずにジャカジャカ鳴らして何となく気分が合うものでOKです。見た目も重視してください。
ウクレレには3つのタイプがあります。
お子さんや女性でも持ちやすい「ソプラノ」
やや大きめの「コンサート」
大きい会場でも音が通る「テナー」
最もポピュラーなウクレレと言えば「ソプラノ」です。迷ったら「ソプラノ」を買ってください。
エントリーモデルを多数出しているメーカーと言えば、MAHALO、FAMOUS、DCT、MERIAなどがあります。ご参考まで。

ネットで買うのはどうなの?という質問もよくお受けします。
買いたいモデルが決まっていて、なおかつ楽器店の通販サイトであれば問題ありません。いちばん避けていただきたいのは、メーカーも分からないモデルを個人から購入することです。ウクレレの保存状況が分からないので失敗する可能性が大きいです。
エントリーモデルの、だいたいの相場は8,000円くらいです。楽器店でも、そのくらいの価格帯のものを奨められると思います。
もちろん、5,000円や3,000円のウクレレもあります。それらは使えないかというと、そんなことはないのですが、チューニングがしにくかったりして練習意欲を殺ぐ場合があります。さらには、弦を交換したり、ナットを削ったりという余計なメンテナンスが必要になることもあります。遊び感覚で弾く分にはいいと思いますが、上達を考えるのでしたらぜひ8,000円以上のものを購入されてください。余裕があれば30,000円くらいのものはさらに弾きやすいので、上達も早いです。
最後に初心者にも親切なウクレレショップをご紹介します。

南阿佐ヶ谷にあるウクレレ専門店
Ukulele Bird 

©Copyright 2021 いおぎみんなの学校. All Rights Reserved.